せっかく石垣島でダイビングをするならマンタを見よう

太陽と青い空

せっかく石垣島でダイビングをするならマンタを見よう

格安航空券を利用して石垣島にせっかくダイビングをするということであれば、マンタを見てみたいという人も多いのではないでしょうか。マンタがやってくるシーズンを外してしまうとダイビングをしたにもかかわらずマンタが見れないということにもなりかねないです。石垣島においてマンタが見られる季節やその注意点について解説していきます。

マンタは石垣島の北西部で見られる

石垣島の中でもマンタが見られる場所というのは北西部にある川平石崎です。
1年間見れるのかというとそういうわけではなく、北寄りの風が吹いている時には残念ながらマンタを見ることはできないです。
南風が吹いている時というのは逆にマンタが見られるベストポイントになります。
そのため、南風が吹いているような時期に行くことが必須になります。

マンタの数が多いのは9月から11月

石垣島の中でも夏場というのは南風が吹いていますので、ダイビングをしながらマンタを見ることができるでしょう。
初心者向けの体験ダイビングであっても十分に見ることができますので、夏の時期というのは十分楽しめます。
マンタに会えるのは夏場の可能性が高いですが、その中でもマンタの数が多くなるのは9月から11月になります。
秋から冬に近づくにつれて北風が吹く日も多くなりますので、だんだんマンタを見ることができなくなっていきますので注意してください。

マンタがやってくるのを待つことになる


マンタが集まってくるようなポイントというのは決まっていますので、まずはそこに向かってから、ダイビングをしながら待つというスタイルになります。
マンタを探し回るというのはエアーの消費が多くなったりして、ダイブしている時間がなおさら短くなりますので、そういうスタイルではないです。
泳ぎ回ることによってマンタにストレスを与えるのはいけないことです。
マンタをじっくりと眺めたいということであれば、マンタが来るのを黙って待っておくといいでしょう。
本当に9月から11月になるとあらゆるところからマンタが現れてきますので、それだけでもうれしいのではないでしょうか。
広く、キレイな海を悠々と泳ぐマンタの姿には様々な魅力が詰まっていますので、是非とも心静かに待ってみましょう。

マンタに会いたいならシーズンを外さない

格安航空券を使って石垣島に行くというのであれば、マンタに出会えるダイビングをしたいという風に思うわけですが、マンタの数が多いとなると9月から11月ですので、夏場及びその時期に行ってみるといいのではないでしょうか。

≪ 前の記事:
△PAGE TOP

Copyright(C)2017 自然豊かな石垣島の魅力、格安航空券でお安く行くことも! All Rights Reserved.